薬局で販売されている葉酸サプリの選び方

薬局で販売されている葉酸サプリの選び方

薬局で販売されている葉酸サプリの選び方

 

厚生労働省でも推奨されている葉酸は、妊娠前や妊娠初期、さらには分娩後にも必須とされる栄養素で、その必要性を知る女性の多くが葉酸サプリを購入しています。

 

葉酸は水溶性のビタミン群で、緑黄色野菜などからも摂取することができますが、加熱などには非常に脆く、調理方法によってはほとんど残らないことが多いです。そのため、食事からの摂取は難しく、葉酸サプリからの補給に頼るのが一般的となっています。

 

葉酸サプリはネット通販でも販売されていて、ネット限定で扱われるものも多いですが、一般的に普及しているものも多く、薬局やドラッグストアなどでも販売されています。種類が非常に多く、実際に手にとって確認できることからネット通販で購入するよりも、実店舗での購入を好む人も多いようです。

 

しかし、どの種類でも問題なく栄養素が補給できるというものではなく、一部の商品には妊婦や胎児に影響を及ぼすような添加物が含まれていることもあるので、購入時はしっかりと内容を確認してから選ばなければいけません。

 

実店舗で販売するものは、売れ残りによって長期保存が必要になるため、保存料を含めたり、飲みやすさを重視して甘味料や香料などを配合しているものが多いです。湿気によって品質が低下するのを回避するためのショ糖脂肪酸エステルや甘味料となる乳糖は、通常であれば問題もありませんが、妊娠中の女性には副作用のおそれがあるので注意しなければいけません。

 

特にショ糖脂肪酸エステルは催奇性が確認されていて、胎児への奇形のリスクを高めることがあるので回避するのは当然のことで、乳糖は下痢といった胃腸障害を招く可能性があります。

 

副作用のない添加物であっても、体内で代謝するために肝臓に負担をかけるものも多いので、なるべく添加物を含まない自然素材の葉酸サプリを選択するようにしましょう。全てが反映されるわけではありませんが、価格が高いものほど品質は向上する傾向にあるので、安いものだからと安易に選ばず、自分の目で成分を確認して選択しなくてはいけません。