妊娠する前から葉酸を積極的に摂取しましょう

妊娠する前から葉酸を積極的に摂取しましょう

 

赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずは妊活の一つとして葉酸を積極的に摂取することをお勧めします。

 

妊娠初期の時点で葉酸が不足していると、胎児の脳や脊髄神経に影響が出てくると言われており、厚生労働省も妊婦の葉酸接種を推進しています。

 

葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害と呼ばれる赤ちゃんの奇形リスクを低下させることができると言われていますので、妊娠前から積極的に摂取することで奇形の確立をより低下させることができます。

 

葉酸が含まれる主な食べ物は、ほうれん草、納豆、枝豆などですが、妊娠していない18歳以上の女性でも一日に240μgが必要量となり、妊娠中の女性に関しては一日に240+400μgもの量が必要となります。

 

これだけの量を食べ物だけで補うのは本当に大変なことですし、葉酸は熱や水に弱いという致命的な弱点があるため、調理した食べ物だけで補うのはほぼ不可能と言ってよいのではないかと思います。

 

ではどのようにして補えば良いのか。最近では便利なサプリメントというものが商品化されており、簡単に一日の必要量を補うことができるのでとてもおすすめです。ただ、あまりにもたくさんの商品があるため、一体どれを購入すればいいのか迷ってしまうと思います。

 

そんな時は、インターネットで商品を比較しているサイトを見つけたり、自分の気に入っている製薬会社から出ているサプリを探してみるのもとてもおすすめです。大手ならば安心感もありますし、無くなったらすぐに近所の薬局で購入することができることも魅力の一つです。

 

妊娠前から必要といわれる葉酸ですが、妊娠中だけでなく、授乳中にも積極的に摂取することで効果が表れるといわれています。妊娠中は普段は気にしないような事もすごく不安になってしまう場合が多くあります。葉酸サプリを飲むことで、生まれてくる赤ちゃんの不安が一つでも減るのであれば、ぜひ長く続けられるサプリを見つけて安心した妊娠期間を過ごしましょう。