借入とはローンと違い用途が自由なもの

貸金業者や銀行からのお金の借入とは、目的を限定すること無くお金を借りることを言います。(借入れのやり方)どんな用途に利用するかは借りる側の自由で、無担保で借りることができる反面、年利は高めに設定されるのが一般的です。金融商品にはもう一つ、ローンというものが存在します。ローンは住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、目的がハッキリしているものに対して、大口のお金を融資するものです。物の入手と同時にお金を融資するもので、融資されたお金はそのまま商品の代金に充てられ、一般的に金利がかなり安く設定されています。現在では目的を自由としたフリーローンも存在しますが、金利は借入と同じくらいか、もしくは少し安い程度に設定されるため、自動車ローン等に比べると割高です。これらのことからも、お金を借りる時には、何に使用するのか目的をハッキリさせることが重要です。

例えば、仕事が決まったものの移動するためには自動車が必要となった場合、当然ながら自動車の購入を考えることになります。購入資金が足りない場合は、金利の安い自動車ローンが選択肢の一つとなりますが、もし自動車ローンの存在を知らずに貸金業者から借入をしてしまうと、返済総額に大きな差が生じることになります。自動車購入のためにお金を借りる場合は、出来る限り自動車ローンを利用し、レジャーなどでお金が足りない時に貸金業者からの借入を利用するのが良い方法と言えます。総量規制により、消費者金融からの借入総額は年収の3分の1以下と決められていますが、自動車ローンや住宅ローンは総量規制の対象外とされています。このため、自動車をローンで購入し残金があったとしても、別枠でお金を借りることが可能ですが、それを知らずに自動車の購入にも通常の借入をしてしまうと、本当に現金が必要となった時に借入することが不可能となってしまいます。だからこそ、お金を借りる際には、何を選択するかが重要となります。