借入限度額のからくり

消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシングには、借入限度額が設定されています。借入限度額は契約時に設定しますが、最初は限度額を高く設定することができず、低い金額から開始するのが一般的です。2010年の法改正により総量規制が適用され、借入できる金額は年収の3分の1までとなりました。但し、これは貸金業者からの借入金だけに適用されるもので、例えば住宅ローンや自動車ローンの残金は含まれていません。このため、年収600万円の人が300万円の自動車をローンで購入し、ローンが200万円残っていたとしても、契約さえできれば貸金業者から200万円までは借りることができます。このほか、銀行や信用金庫からのカードローンに関しても総量規制の対象外となっています。

クレジットカードのショッピング枠についても、総量規制の対象にはなっていません。このため、クレジットカードで枠一杯まで買い物をしていたとしても、キャッシングを諦める必要はありません。但し、各種ローンの返済状況や銀行からの借入等が全く関係ないわけではなく、あくまでも法規制の対象外であり、審査には影響することになります。消費者金融からお金を借りる場合は、年収にもよりますが多くは10万円から50万円程度の範囲内でスタートします。仮に年収が高くても、他の貸金業者からの借入金額が多かったり、過去に滞納した記録が残っている場合には低い金額での契約となったり、審査が通らない可能性があります。それなりの年収があり事故歴も無い場合は、一般的には50万円程度が開始ラインとなります。更に、審査に通りさえすれば、契約後に借入限度額を増額することが可能です。限度額を増額する最も簡単な方法は、借入をしたうえで毎月の返済日に遅れること無く返済し、信用を蓄積することです。金融機関では信用こそが最も重要となるため、早ければ1年程度で増額に関する連絡が入ることもあります。